• Addthis
  • tumblr
  • Google+
  • twitter
  • facebook

OFFICIAL INTERVIEW

INTERVIEW

昨年3月にドラムの佐藤栄太郎が加入し、現在のメンバーとなってからは初のフルアルバム『藍色ミュージック』。ほぼセルフタイトルと言っていいであろうアルバムタイトルからしてバンドの確かな自信が伺えるが、実際に本作は佐藤の加入に伴うバンドの構造改革によるアレンジの進化、また歌詞のモチーフの変化に伴う楽曲のドラマ性の高まりによって、紛れもない最高傑作に仕上がっている。インタビュー中でメンバーも度々口にしているが、ぜひ曲順通りに、アルバムとして本作を隅々まで楽しみ尽くしてほしい。4人全員取材で、『藍色ミュージック』誕生の背景に迫った。
(インタビュー・文:金子厚武)
― まずは一人一人アルバムに対する手応えを話してもらえますか?
川谷 栄太郎が入って、今の4人になって初めてのアルバムなので、「やっとできたな」って。これまではライブも半分くらいは昔の曲で、インディゴの新しい部分が浸透し切ってなかったと思うんですけど、このアルバムでやっと「indigo la Endです」って言える、今の名刺的な感じになったと思います。あと自分の中で言うと、自分が作ったっていうフィルターなしに、第三者として聴けるアルバムだなって。時間が経ってもずっと聴けるアルバムっていうのはあんまりないっていうか、初めてかもしれないです。

長田 やっぱり栄太郎が入ったのが一番大きくて、人間的にも面白いし、プレイヤーとしても面白いことをする人だから、そのおかげで自分のプレイが引き出された面もあると思うし、聴いててホントに面白いアルバムだなって。歌詞の世界観も今までとは全然違うと思ってて、できれば一曲目から順番に聴いてほしいなって気持ちがあります。

後鳥 4人になって初めてのアルバムっていうのが一番大きくて、シングルを録るのとアルバムを録るのって、ニュアンスも変わってくるし、それによって自分の立ち位置も変わって、「新しいバンドになった」って感じがする作品ですね。すごく長い時間録ってたんで、「終わんないんじゃないか?」とも思ってたんで、やっとできたっていう気持ちもあります(笑)。

佐藤 音楽はありとあらゆるものを聴いてるつもりなんですけど、アルバム聴きっていうのをしばらくしてなかったんです。でも、今回は自分のバンドっていう補正なしに、すごくいいアルバムだなって思いました。これが世間に出て、インディゴが好きな人はもちろん、コアな音楽ファンからそんなに音楽詳しくないっていう人まで、一億二千万人とりあえず聴いてほしい。それくらい自信があるし、もしこれで何も思わないんだったら、「もう世間に期待するのはやめよう」って思うぐらいの感じですね。
― 改めて訊くと、バンドにとって栄太郎くんの加入はどんな意味があったのでしょうか?
川谷 まずは単純に、今までできなかったリズムができるようになったってことですね。“夏夜のマジック”みたいなR&Bだったり、“インディゴラブストーリー”みたいなファンクっぽいノリとかは、前は上手くできなかったんです。“ココロネ”みたいなダンスミュージックっぽい四つ打ちもそうですね。この曲は仮タイトルが“DAFT”だったんですけど(笑)。
― 確かに、DAFT PUNK感はありますね(笑)。
川谷 あと今まで上の楽器は足し算ばっかりだったんですけど、ドラムが変わったことによって、引けるようになったっていうのも大きいです。俺がアコギだけしか弾いてない曲があったり、長田くんのギターも、メロディーを弾かずに、バッキングだけとか、もっと味のある感じになったし、ベースも支える感じになってたりして、そういう引き算による大人な感じになったのは、ドラムのおかげかなって。
― 曲の軸になっているのは歌とリズム隊で、上ものは削ぎ落としつつ、装飾的に、より効果的に鳴らされていますよね。『幸せが溢れたら』でもやろうとしたけど、でも結局そうはならなかったっていう作風が、今のインディゴらしい形で、前回よりもアップデートされて形になったという印象があります。
川谷 まさにその通りで、『幸せが溢れたら』のときは(山下)達郎さんみたいなのをやろうとして、「ストリングス入れよう」みたいなことも言ってたんですよ。

長田 でも、結局腑に落ちなくてあきらめるっていう(笑)。

川谷 前はストリングスが後から入るイメージが全然できなかったんです。今はたぶんできるんで、今後はそういうこともできればなって思うんですけど、前のときはスタジオで完結しないと想像できなくて、結局ベースもスラップしたり、ゴリゴリになって……。
― 足し算になってたと(笑)。
川谷 それはそれであのときの一番いいものだったとは思うんですけど、あの頃よりも成長できたかなって。
― ドラムの変化によって、実際ベースの立ち位置はどのように変化したのでしょうか?
後鳥 ドラムから録り始めて、ただのエイトビートじゃないから、そもそもの空気感が大人っぽくなってるんですよね。なので、上に乗せるのもそんなに激しいものじゃなく、ループになってたりします。

長田 栄太郎は挑戦する気持ちがすごいんですよ。言われたことをやる感じじゃないから、「お前がそうするなら、俺ももっとやんなきゃ」って気持ちになるし、そういう意味でもすごくいい効果を生んでくれてて。
― ギターもかつてのようにメロを弾きまくるスタイルから、逆に「弾かない」スタイルが確立されたように思います。
長田 もうちょっと弾かなくてもいいかなって気持ちもあったりします。昔よりは全然弾いてないですけど、“藍色好きさ”とか“愛の逆流”とかは意識して弾くようにしたというか、このアルバムから曲たちがいい意味で変わってますけど、でもリード曲とか、速い曲に関しては、その間を狙って行こうっていう気持ちもありました。
― 栄太郎くんはバンドに加入して、最初はどんなことを意識しましたか?
佐藤 去年の一月にツアーのサポートの話をもらって、そのリハに入って、ある程度曲を覚えたら、すぐ「新曲やるから」ってなったんで、正直何かを考える暇もなかったです。最初のレコーディングのときは、「雰囲気を壊さないように」って気を使う部分もあったんですけど、「気にしないでいいよ」って言ってくれたんで、逆に壊していく方がいいんだろうなって思いました。客観的に見てる人がいるから、行き過ぎたら止められるだろうし、だったら好き放題に、やるだけやろうって感じでしたね。
― 栄太郎くんが入って、徐々にバンドが変わっていったわけですか? それとも……。
川谷 パキッと変わりました。そもそも俺にやりたいことがあったから、それをやることができるようになったってだけで、徐々にならしていくとかじゃなく、「これやろう」「できるな」「はい、次」っていう感じだったんで。俺「この人が叩いてるな」って感じるドラムの人ってあんまりいないんですけど、栄太郎はそれを感じる数少ない人なんです。さっき「行き過ぎたら止められるし」って言ってたけど、むしろやり過ぎなくらいがよくて、何でもできちゃうから、その分俺らが引き算するって方法にバキッと変わりましたね。一緒にスタジオに入る前までは、KUDANZの曲での栄太郎しか知らなかったけど、レコーディングをしてみて、「こんなにいろんな引き出しがあるんだ」って驚いたんですよ。ここまでいろいろ音楽を聴いてて、それをアレンジに生かせる人ってあんまりいないから、すごく珍しい存在だなって思います。
― ドラムの変化によって、R&Bやファンクの要素が強まったという話でしたが、去年は星野源さんの『YELLOW DANCER』を筆頭に、ブラックミュージック的な要素のあるポップスをやるアーティストが増えました。『藍色ミュージック』はそんな状況に対するインディゴなりの返答だという言い方はできますか?
川谷 そこはまったくなくて。星野源さんのアルバムはすごくいいアルバムだったと思うんですけど、そもそももっと前からそういう流れは来てて、でもその中でちゃんと売れたのはまだ星野源さんくらいだと思うんですね。だから、「今こういうのが流行ってる」っていうのは一切考えてなくて、ただ単に“夏夜のマジック”をやってみて、「こういうのできるんだ」って思ったのがきっかけだったんです。俺がインディゴで初めてギターを持たずに作った曲で、ピアノを入れるのはゲスがあったから抵抗あったんですけど、でも「これはインディゴだな」って思えたから、もう何でもできるなって。なので、今回はあんまり四の五の考えずに、そのとき好きなこと、やりたいことをやり続けて、このアルバムができたっていう感じなんです。
― 確かに、アルバム全体がブラックミュージックで統一されてるかっていうと決してそうではなくて、あくまで一部の要素ですもんね。
川谷 全部にしちゃうと、それはそれで飽きるなっていうのがあるし、いろんな曲が入ってる方が「indigo la Endだな」っていう感じがするっていうか。基本は「ポップソングとして成立してて、なおかつ音楽的に深いところに行ってる」っていうのがやりたいから、自然とそうなっていったというか、すごく原始的な「音楽をやりたい」っていう理由だけでこのアルバムを作ったので、それが一番いい状態なのかなって思います。
― だとすると、アルバムの全体像に関してはどう考えていたのでしょう?
川谷 テーマもタイトルも全然決めてなくて、そのときどきに曲を作って、最後に並べたらこうなったって感じです。全体に関して「こうしよう」っていうのは一切決めずに作っていったんで、だから一年くらいやってたんですけど(笑)、マスタリング前に曲順を考えて、そこでやっと全体が見えた感じですね。アルバムのタイトルに「藍色」って入れようっていうのはあったんで、“藍色好きさ”は最初から一曲目を意識して作ってて、ドラムのイントロがアルバムの幕開けとしていいかなって。
― これまでのインディゴは狙いを持って曲を作ることも多かったと思うんですけど、そこは大きく変わったわけですね。
川谷 そうですね。そもそも最初は俺と長田くんで「バンドシーンに入っていこう」っていうことを考えて、“名もなきハッピーエンド”とかを作って、「フェスに出て、盛り上がろう」みたいなところから、だんだん「それは違うな」ってなっていったんですよね。栄太郎が入ってからは、音楽的な自信も増したので、何かを狙って曲を作るなんていうダサい考えはもうやめようと思いました。
― では、ここからはアルバムの中の好きな曲を一人ずつ挙げてもらって、その曲の解説をしてもらおうと思います。じゃあ、まずは長田くんから。
長田 僕は“インディゴラブストーリー”ですね。

川谷 取られた―!
― 後で絵音くんにも訊きます(笑)。
長田 僕この曲がインディゴ史上一番好きって常々言ってるんですけど、歌詞をもらって、もっとちゃんと理解したいなって、今までで一番思った曲だったんです。最初は歌詞がなかったから、前半はマイナーっぽい感じで、ちょっと暗いのかなって思って、でも最後をもう少し明るくというか、少しでも希望が出る感じにしたいと思ったので、落ちサビくらいからのギターをちょっとだけ明るくアレンジしたんです。そうしたら、歌詞の内容とマッチしてて、それもあってこの曲がより好きになりました。あとは“インディゴラブストーリー”っていうタイトルが最初仮だったんですけど、(川谷以外の)3人で「あのタイトル残したいよね」って言ってたら、そのままにするってなって、それも嬉しかったです。
― “インディゴラブストーリー”が象徴的ですけど、今回キーワードになってる歌詞が「命」だと思うんですね。“ココロネ”や“シノブ”、“ダンスが続けば”にも「命」というワードが出てくる。これまでのインディゴはラブソングの中で喪失感を描いていたと思うんですけど、「命」というワードによって、今回はよりドラマ性が高まっているように感じました。
川谷 これまでずっと恋愛の歌詞を書いてきて、そろそろ違うことに挑戦したいなっていうのがあったときに、THE BED ROOM TAPEで“命の火”を書いて、命について書くことが自分の次のテーマかもしれないと思って。“インディゴラブストーリー”に関しては、まず夢を見たんです。銃で撃たれて人が死んで、その後に自分も死ぬっていう夢で、こういうことって身近にあることだよなって思ったんですよね。別に俺そんな世界のニュースをすごい追ってるとかってわけじゃないけど、みんなすごい平和ボケしてるから、こういうことは身近にあるものだって歌うことに意味があるんじゃないかなって。恋愛が軽いテーマだとは思わないですけど、この曲はサウンドやメロディーからしてもっと重要なテーマで書きたいと思ったんで、こういう歌詞になったんです。
― “インディゴラブストーリー”とか“ダンスが続けば”のように、最終的に前向きなフィーリングを感じさせる歌詞も増えたように思います。何か理由はありますか?
川谷 昔『WHAT’s IN』でミスチルの桜井さんと宇多田ヒカルさんの対談があったんです。その中で桜井さんが「“HERO”を書いたら、その後脳梗塞になって、歌詞がホントになっちゃった」って話をして、「そういうことがよくある」って言ったら、宇多田さんも「あるよね」って言ってて、俺もあるなって思って。スガシカオさんと飲んだときも、「そういう人はいる」って言ってて、偶然とかじゃなく、言葉にはそういう力があるって話をして。なので、自分のために前向きな曲を書こうっていうのはありました。暗い歌詞ばっかり書いてると、もっととんでもないことになっちゃうかもなって。
― 言霊なのか、自分でも気づいていない深層心理が歌詞には出ちゃうということなのか、きっとそういうことってありますよね。では、後鳥さんも一曲挙げてもらえますか?
後鳥 今回の曲の中で一番昔に録ったオケが“ココロネ”で、ずっと歌が入ってなかったんですけど、歌入れした後に聴いて、天才だなって。いつも想像を超えてくるんですけど、このときはそれをさらに超えてて、改めて感動しました。栄太郎が入って、今までやってなかったベースがループするフレーズに挑戦した曲なので、そういう意味でも思い入れがあります。
― 栄太郎くんはどうですか?
佐藤 マスターができて、客観的に聴いてもいい曲ばっかりだなって思ったんですけど、特に好きなのは“愛の逆流”と“悲しくなる前に”。“愛の逆流”はBPM的にはロックソングじゃないのに、めちゃめちゃ破壊力あって、ここまで持って行かれるのはすごい。普通にいい曲だし、かっこいいっていうのもありつつ、唯一無二感が漂ってるっていうか。

川谷 “悲しくなる前に”は“シノブ”の後に配置されてるのがいいなって思って、アルバムで聴いて「こんなにいい曲だったっけ?」って自分で思いました。
― 最初にも言ってたように、ぜひ曲順通りに聴いてほしいですね。では最後に、今後のインディゴの展望について話してもらえますか?
川谷 常にやりたいことをやるバンドっていうか、「今後はこうしていこう」じゃなくて、そのときやりたいことをやって、そのときの道を歩くみたいな感じなのかなって。深く考えるのをやめるっていうか、「音楽がいいんだから、それでいいじゃん」くらいの感じで、その都度考えようかなって。まあ、この気持ちも変わっていくかもしれないし、作る音楽も変わっていくかもしれないけど、それならそれでもいい。このアルバムが作れたから、もっといいものも作れると思うし、今の4人なら何でもできるなって思うんで、不安はないですね。

NEW RELEASE

NEW RELEASE

「藍色ミュージック (初回限定盤)」
  • major 2nd full album
  • 藍色ミュージック (初回限定盤)
  • 2016.06.08 発売
    [CD&DVD] WPZL-31164/5 ¥3,500+税
  • <TRACK LIST>
    【CD】
    01. 藍色好きさ
    02. 雫に恋して
    03. ココロネ
    04. 愛の逆流
    05. シノブ
    06. 悲しくなる前に
    07. 忘れて花束
    08. eye
    09. 夏夜のマジック
    10. 風詠む季節
    11. music A
    12. ダンスが続けば
    13. 心雨
    14. インディゴラブストーリー

    【DVD】
    01. 藍色四人 -short movie-
    02. 心雨 -music video-
「藍色ミュージック (通常盤)」
  • major 2nd full album
  • 藍色ミュージック (通常盤)
  • 2016.06.08 発売
    [CD] WPCL-12336 ¥3,000+税
  • <TRACK LIST>
    01. 藍色好きさ
    02. 雫に恋して
    03. ココロネ
    04. 愛の逆流
    05. シノブ
    06. 悲しくなる前に
    07. 忘れて花束
    08. eye
    09. 夏夜のマジック
    10. 風詠む季節
    11. music A
    12. ダンスが続けば
    13. 心雨
    14. インディゴラブストーリー

MUSIC VIDEO

MUSIC VIDEO